So-net無料ブログ作成

2人組が催涙スプレー強盗 大阪市(産経新聞)

 29日午前1時15分ごろ、大阪市浪速区大国の路上で、特殊警棒のような棒を持った男が「金を出せ、けがしたいんか」などと通行人の無職の男性(36)を脅し、現金3千円を奪った。男性が追いかけたところ、仲間の男が催涙スプレーのようなものを噴射。男2人は近くに止めていた車で逃げた。浪速署は強盗事件として捜査している。

 浪速署によると、男らは赤い車で逃走。いずれも25歳くらいで身長は165〜170センチという。

【関連記事】
おまぬけ強盗、“芳香”スプレー噴射され退散
外国人参政権反対デモに催涙スプレー 高校生逮捕
通行人に催涙スプレー2件 車の2人組、同一犯か
会社役員と女性の車内に催涙スプレー? 東京・港区
催涙スプレー散布で10人けが 新今宮駅

「大阪都」20区で…橋下新党が構想案(読売新聞)
政治とカネなどで集中審議を要求へ 野党3党国対委員長(産経新聞)
ラッコの赤ちゃん死亡 一般公開を見合わせ サンシャイン国際水族館(産経新聞)
携帯基地局の設置にルール、鎌倉市条例可決(読売新聞)
<天皇、皇后両陛下>長岡宮跡を視察(毎日新聞)

自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕−佐賀県警(時事通信)

 差し押さえ物件となった自宅に「立ち入ると自動で爆発する」と書いた紙を張るなどして裁判所の強制執行を妨害するなどしたとして、佐賀県警警備1課と鹿島署は29日までに、民事執行法違反と公務執行妨害の疑いで、同県鹿島市音成、食肉加工販売業三ケ島勲容疑者(73)を逮捕した。同署によると、当初は「ほかの者がやった」と容疑を否認していたが、その後認めたという。
 逮捕容疑は、昨年10月22日、「建物内に立ち入ると自動装置が作動して爆発炎上する」などと記載した文書を玄関先に張ったほか、同年12月10日、玄関に爆発物を模したタンクを置くなどして、佐賀地裁の執行官の職務を妨害した疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕テロ対策装備展・危機管理産業展
作業前からガス漏れか=ごみ処理場爆発
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで
牛丼店に強盗、18万奪う=容疑で香川大生逮捕
警察官引きずりオートバイ逃走=軽傷、標識を無視

死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
エコノミスト賞に花崎氏(時事通信)
<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)

菅家さんに無罪判決=18年余で名誉回復−足利事件再審・宇都宮地裁(時事通信)

 栃木県足利市で1990年、4歳の女児が殺害された足利事件で、殺人罪などで無期懲役が確定、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判が26日、宇都宮地裁で開かれ、佐藤正信裁判長は無罪を言い渡した。
 逮捕から18年3カ月余を経て名誉回復が実現した。検察側は判決後に上訴権の放棄を申し立て、無罪が確定する。
 判決公判では、冤罪(えんざい)を生んだ司法の責任や誤った有罪判決を出した原因にどう言及するか、謝罪の言葉があるかが注目された。
 再審公判は昨年10月から6回の審理を重ねた。佐藤裁判長は有罪判決の誤りを検討する証拠調べはできるとの方針を示し、菅家さんが「自白」する取り調べの録音テープの再生や事情聴取を担当した元検察官らの証人尋問を実施。検察側が有罪を立証せず無罪を求めた再審では、異例の展開となった。
 また、裁判長は菅家さんへの謝罪について、初公判で「判決の際に考えを示す」と述べていた。
 無期懲役判決の柱の一つとなった捜査段階での警察庁科学警察研究所のDNA型鑑定について、再鑑定をした弁護側鑑定人は「失敗」と証言。検察側鑑定人も「はっきり分からず判定しにくい」と述べた。
 うその自白の経緯を調べるため、元検察官も出廷したが、菅家さんが取り調べや公判で繰り返した否認を「虚偽と思った」と証言。謝罪の求めには「厳粛に受け止めている」とだけ語った。
 検察側は無罪を求めた論告で「長期間服役させ申し訳なく思う」と謝罪していた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」

ベトナム報道で活躍、元毎日記者・大森実氏死去(読売新聞)
野焼き ボランティアの男性3人死亡 静岡・御殿場の陸自(毎日新聞)
公明、与野党協議は全党参加で=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)

白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)

 東京都足立区の国道4号で22日午後、警視庁の白バイに追跡されていた原付バイクがガードレールに衝突した事故で、23日朝、原付バイクを運転していた同区千住旭町のマンション管理人、大山雅彦さん(64)の死亡が確認された。

 警視庁千住署によると、原付バイクが制限速度を約20キロ超えて走行していたため、白バイが追跡。大山さんは後方を確認するように振り返った後、左側のガードレールに衝突し、頭を強く打った。大山さんは事故直後は意識があったが、病院へ搬送途中に意識不明となったという。

 ■鈴木一明千住署副署長の話 「追跡は適正だったと認識している。亡くなられた方のご冥福(めいふく)をお祈りします」

【関連記事】
白バイ追跡中にバイクがガードレールに衝突 東京・足立区
パトカーが衝突、3人軽傷 信号無視の車追跡
「観念しろ」ひったくりの高校生に一喝 帰宅途中の警察官が逮捕
追尾中に白バイが人身事故、女性が軽傷 広島
タイガーマスクのマスクかぶって集団暴走 36人を検挙

愛子さま 天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
<労働者派遣法>改正案を閣議決定 規制強化へ(毎日新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)
米週間アクセス数 フェースブックがグーグル抜き1位(産経新聞)
阿久根市長、連日の出席拒否…入札問題追及予定(読売新聞)

漫画などの性表現規制条例、都が継続審議へ(読売新聞)

 18歳未満の性行為を露骨に描いた漫画やアニメの販売・レンタルを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案は19日、都議会総務委員会で継続審議の方針が全会一致で決まり、今議会での成立が見送られることになった。

 出版業界などから「表現の自由を侵害する」という懸念が広がり、民主などが「議論が尽くされていない」と継続審議を主張。改正に賛成の姿勢を示していた自民、公明も了承した。30日に閉会予定の定例会で正式に決定した後は、総務委員会で審議が続けられる。

 石原慎太郎知事は19日の定例記者会見で、「継続審議の間に、いろいろな意見を聞き、誤解を解いていきたい」と述べた。

<JR不採用>和解金550万円減額 前原国交相は評価(毎日新聞)
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)

強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で−鳥取(時事通信)

 鳥取県米子市で会計事務所社長ら2人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、鳥取地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた元部下の影山博司被告(55)の弁護人は15日、同罪の成立を認めた判決を不服として控訴した。
 弁護人を務める杉山尊生弁護士は「結論の無期懲役に不服があったわけではないが、強盗目的とした事実認定が了承できない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

<掘り出しニュース>ホワイトデー まんとくん、蓮花ちゃんにお返しの和菓子(毎日新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
静岡・浜名湖の境界画定=2市1町の面積公表−国土地理院(時事通信)
首相動静(3月11日)(時事通信)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)

<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)

 祝い事に欠かせない華やかなコチョウランの鉢植え。しかし、花が枯れると置き場に困ってしまう。それを引き取り、再び咲かせて返す全国初の「リサイクル」を、4月から山梨県中央市の「松村洋蘭」が始める。社長の松村秀彦さん(44)は「大量廃棄が前提の大量栽培に疑問を持っていた。ランの魅力に少しでも長く触れてほしい」と話す。

 きっかけは05年春、高齢の女性からの電話だった。「孫が誕生日に買ってくれたお宅のランが終わってしまった。もう一度咲かせられませんかね」

 コチョウランの花が持つのは2カ月ほど。専門家でないと維持管理が難しく、やがて葉も枯れてしまう。初の試みだったが、松村さんは鉢を引き取った。

 コチョウランは温度差をつけると早く成長する。5カ月間、昼は気温25度の温室、夜は20度以下に保った部屋に入れ、鉢の中身をミズゴケから木のチップに替えて根が水を吸いやすくした。10カ月後に花が咲き、女性は「誕生日にまた孫を呼べます」と涙を流した。

 松村さんは「これがおれたちの仕事だと思いましたね」と振り返る。花の再生技術の改善などに4年をかけ、事業化のめどをつけた。対象とするのはICタグを付けた同社出荷のラン。タグには再生に必要な品種・出荷日・出荷先が記録され、この情報をもとに客から送られたランを10カ月ほどかけて再び開花させる。

 「Re(り)蘭(らん)システム」と名付け、とりあえず1万5000〜3万円の高級品に導入する。花の再生料金はその半額。松村洋蘭のホームページ(http://m‐youran.com/pg77.html)。【春増翔太】

【関連ニュース】
技術革新フェア:ロボット技術、集客や販促に 来月3、4日に大阪産業創造館で商談会

<岡田外相>沖縄密約報道の西山氏に「お気の毒だと思う」(毎日新聞)
【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)
郵便不正「凛の会」発起人 偽証明書提出認める初公判(産経新聞)
公明、子ども手当法案に賛成へ=与党が修正受け入れ、高校無償化も(時事通信)
<近鉄名古屋線>特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切(毎日新聞)

東京スカイツリー 高さ半分 はや観光名所(毎日新聞)

 東京都墨田区で建設が進む「東京スカイツリー」。週末には大勢の見物人が押しかけ、早くも新たな観光名所になりつつある。その人気度やいかに−−。【根本太一】

【写真特集】東京スカイツリー:最初の鉄骨、据え付け…新電波塔

 黒山の人だかりである。東京メトロ半蔵門線押上駅に近い路上。埼玉県の熊谷ナンバーの車も。川崎市から電車を乗り継ぎ1時間以上かけて来た女性(32)は「どの辺まで工事が進んだのか知りたくて」と空を見上げた。視線の先に真っ白いタワーがそびえ立つ。

 施工業者の大林組は「高さは現在304メートル。サクラが開花する3月下旬〜4月上旬に東京タワーの333メートルを超えて日本一になる見通しです」。7日には地元住民向けに現場で見学会が開かれ、約2200人がタワーを見上げながら歩いた。

 ツリーは東武タワースカイツリーが東武鉄道の操車場跡地約3万6900平方メートルに建てる新電波塔。名称は11万超の投票から選ばれた。総工費約650億円で、併せて造る31階建てのテナントビルには水族館も入る。

 来年末の完成時には634メートルとなり、中国の広州タワーの618メートルを抜いて、電波塔としては世界一の高さになる。計画当初は高さ610メートルだったが「世界一」「634=武蔵」にこだわり、変更した。

 地上350メートルに第1展望台、同450メートルに第2展望台があり、ガラスで覆われた回廊から「空中散歩」を楽しめる。隅田川の花火大会も絶景になりそうだ。

 約50年前に開業した東京タワーの入場者は昨秋1億6000万人に達したが、東武タワーは「スカイツリーには初年度540万人が訪れ、向こう30年の年平均は約270万人」と見込む。

 兆候は既に表れている。浅草から徒歩10分弱という立地条件も重なり、スカイツリーの建設現場前に昨春オープンした見学施設には3万人超が来場した。阪急交通は九州発の東京ツアーにツリー現場を組み込み、はとバスも新コースを設定。クルーズ事業を営むジールは運河から眺めるチャーター船を企画した。

 現場から約1.8キロの第一ホテル両国は、1泊朝食付きプランをツリーの高さにちなみ6340円で提供している(日、月限定)。

 「25階の宴会場からツリーと東京タワーの両方が観賞できるので結婚式の予約も増えました」と広報担当者。先月半ばに挙式した新郎は「ツリーのように少しずつ大きく幸せな家庭を築きたい」と話したそうだ。

 地元墨田区も一大プロジェクトを起爆剤にと意気込む。この一帯、建物の老朽化が進み、ツリー見物客は「カネを落とす」場がなく、浅草に向かいがちだ。このため区は遊歩道整備で街を美化し、昭和の薫り漂う商店や物作りの伝統も振興に生かそうともくろむ。「忠臣蔵の吉良邸跡など歴史的資源が多い墨田区を、循環バスで回ってもらえれば」と担当職員。ツリー開業後の経済波及効果を年94億円と見込んでいる。

【関連ニュース】
<東京スカイツリー>東京スカイツリー:高さ300メートル突破
<東京スカイツリー>掘り出しニュース:東京スカイツリーを25分の1で再現
<東京スカイツリー>白樺湖氷燈祭:東京スカイツリーの氷像もお目見え 長野
<東京スカイツリー>新タワー:名称は「東京スカイツリー」に決定(08年6月)

<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
愛子さま6日ぶり登校、雅子さま付き添い(読売新聞)
【イチから分かる】日医会長選 政権との距離感で混沌(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。